11月12日、おもいやりについて、みんなで話し合い考えました。思いやりの心はいったい

どうしたら育つのでしょうか、、、ラサール会のブラザーアイキさんにお願いして、

話をしていただきました。アイキさんは、少し日本語が心配だったようで、何日も

前から準備をしてきました。その思いと心は思いやりをもって子供たちも感じとって

くれたようです。ありがとうございました。用意するものの数を聞いたとき、ご自分の

年齢のことだと思われたらしく、○○才ですと返事されたというハプニングもありましたが

無事終わりました。ありがとうございます。